「冷めきった感情が芯から温められるような感動があった」

■ 無意識のうちに抑えつけられていた自分の感情に気づき、

少しづつだけど自分の奥にある感情を捉えられるようになってきました。

文字の羅列だけじゃ伝わらない、冷めきった感情が芯から温められるような感動が味わえました。 (地藏均様  40代会社員 男性)

「自分で自分の価値を認められる人になれる」

■ 『絶対行った方がいい!』と誘ってもらったのがキッカケです。

変わりたい!という思いでこれまで参加してきました。

誰とでもすぐに友達にはなれるけど、本音でコミュニケーションが取れていなかった。

 

今は、仕事で人とぶつかることがあっても、前向きな気持ちで相手の意見を聞き、自分の考えもスムーズに伝えられるようになりました。

​変に気を使っていたのが無くなりました。

(木谷さんのセミナーには)本音でぶつかれる人、人を心の底から信じきれる人たちがいて、本物の愛があるから、本物の優しさが何なのかが分かる。

小さい頃から自信がなく、認めてもらう為にいい子で頑張ってきた私にとって、そのままでいいんだと感じさせてくれるところです。

木谷さんが「人は幸せになるために生まれてきたのに、なんで人から認めてもらえないと自分の価値を認められないのですか?自分で自分の価値を認めてあげて下さい。自分を好きになって下さい。」と仰った時に心が軽くなりました。

 

主催して下さる皆さんの暖かい気持ちと本気が伝わるから、自分も本音で生きれたらいいなと思いました。

感じることは言葉に出来ないくらいいっぱいあります。

この出逢いに心から感謝です。  (久保至子様 50代女性)

~ ​講演・セミナーに参加されたお客様の声 ~

​「子どもの本音を引き出す方法が分かる」

この前参加したのは、「子どもの本音を引き出す」という内容でした。

実際、どうやってするん?って思うのですが。

無理やり聞く?​ 質問攻めにする?

ついつい子どもだけに矛先を向けてしまうけど、まずは大人の意識を変えることが重要でした。

子どもと向き合うことより、自分と向き合うことが先決!

そこからコミュニケーションへと繋がるという事が学べました。

参加者の方からも色んな質問が飛び出して、色んなお話が聞けて、私自身も刺激と学びをたくさんもらえました。

最後のワークは子どもたちも参加し、親と子それぞれ課題が出ました。

大人はなかなか書けなかったのに対して、子どもたちはどんどん紙に書き上げていました!!子どもは大人をよーく見て、色んなことを感じている。

そして、最後は「スキ」ってママ達に言ってくれる。親の心にポッとあったか~い気持ちが湧いてくる。

どんな事でも、少しでも気になれば話を聞いてみるもんだと私は思う。

1人で考えて悩まないで。1人で頑張ろうとしないで。どーにかなるか、なんて投げやりにならないで。​

この学びを活かしていきたい。親子の絆を上辺でなく、偽りでもなく、根っこから深めたいと思いました。

ほんとに楽しい雰囲気の中でワイワイと過ごせてあっという間の時間でした。

その場で一緒に過ごせた皆さんにも感謝です。

​(山崎久美恵様 30代・保育士)

「肩の荷が下り、本当の意味で人生を楽しめるように

「この人に一度は会って話を聞いた方がいい」と言われたのが最初のきっかけでした。

何かを成し遂げるには頑張らないといけないと思っていたのですが、

木谷さんの話では、「がんばるから長続きしない、楽しまないとダメだよ」

と言われた時は、目から鱗でした。

この言葉により、肩の荷が降り、本当の意味で人生を楽しめるようになってきています。 (中村英也様 40代男性)

「唯一無二の存在である自分を大切にする」

木谷さんのセミナーに初めて参加させていただいての感想です。

私にとって自分の存在がすごく大切でありながら、すごくまどろっこしくもありました。

こんなことできる自分、こんなこともできない自分、あの人はできるのに。

常に自分をジャッジして、人をジャッジしては、がっかりして…。

自分にできないことに目を向け、できる人をねたましく思っていました。

成長しなければいけないことは分かっていても、どうすればいいか分からない。

今までやってきたこと、今自分にできることで自分をとりあえず追い込んでみたけれど、体を壊して2年連続で入院してしまいました。

私は自分が崩れていく感覚を知りました。

本当に足場を一気に引っこ抜かれてしまったような感覚でした。

それ以降も体調がよくなることはないままに働いていました。

そして私は実家が自営業をしていることもあり、

実家に戻り兄と一緒に実家を継ぐことになりました。

仕事は始めからうまくいくはずもなく、誰からも信用されず、職場ではすごく浮いていました。

そんな時、木谷淳二さんと出会わせて頂きました。

伊賀のミニミニLCMの主催者であるソンリッサの長谷本さんにお誘い頂き、

初めて参加させていただきました。

そのときのことを今でも鮮明に覚えています。

セミナーの後は背筋が通り、呼吸が楽になり、多くの方が参加されていたのですが、

あたかも木谷さんが、自分だけに語りかけてくれているのではないかとさえ思えました。

私はそれ以降、毎回必ず参加させていただきました。

毎日毎日が新しい1日である事を実感でき、

仕事でも楽に最高の力を発揮できるようになりました。

 

そして何より今まで自分がしてきたことへの後悔が無くなりました。

自分に無駄なものなんて一つも存在しない。

そして、どんなことよりも自分がしてきたこと、自分の存在、比較していた他人の存在を

ジャッジするのではなく、認め、受け入れることができました。

なぜこの世に唯一無二の存在である『自分』を大切にすることができなかったのか。

今では不思議なくらいに思います。

今、私は最悪なことが起ころうとも、その本質は最高への道しるべであると思っています。

木谷さん、本当にありがとうございます。(中島浩司様 20代会社役員)

​©︎2016 Brightly Ltd.